プラス目の病気

目の充血

目,充血

眼が赤く充血して見えるのには、いくつか原因となるものがあります。眼精疲労やアレルギー性結膜炎など緊急に視力に問題が起こるというものは余りありませんが、中には緑内障など深刻な疾患のサインである場合もあります。たかが充血とほっておかずに、早めに正しい対策をしましょう。


症状

ほとんどの場合には、見える部分会起きる炎症のために眼が赤くなって見える症状が現れます。白目の部分に炎症が起きていると少しの充血でもすぐに気がつきますが、黒目に近い部分に炎症が起きると赤くなっていることになかなか気がつかない場合もあります。また、瞼に炎症が起きている場合は、瞼をめくって見ないと充血部分は分からない事もありますが、充血と共に瞼がはれることがあるため、腫れによって充血に気がつくことが多いようです。他には、結膜などの下にある血管が切れてしまいその出血が見えるタイプの充血もあります。また、目より上でない出血した場合は、だんだんと下に下がってきて白目が赤や黄色っぽく見える症状が出る事もありますが、この場合は目の充血による症状とは考えられません。

タイプ別の症状と原因

炎症による充血

眼が赤く充血して見えるのには、いくつか原因となるものがありますが、一般的なものは眼球の前面にある結膜・角膜・強膜・虹彩・毛様体といった部分に炎症が起きるタイプです。炎症が起きる原因となる疾患には、眼精疲労やものもらい、結膜炎、などの身近なものが多くあります。こういった疾患の場合には、点眼などの治療を行うことで症状が改善されれば、充血も自然に消えていきます。しかし、アレルギー性結膜炎の場合には、アレルゲン物質があるところでは、炎症を抑えても充血の症状は出続けてしまいます。


コンタクトレンズによる充血

コンタクトを症着している間、目に必要な水分や酸素は十分に届きにくくなっています。そのため、ドライアイや眼精疲労など充血の症状が出る原因となります。また、コンタクトの表面は角膜とぴったりくっついた状態になっているため、着脱時に柔らかい角膜を傷つけてしまう場合があります。特に乾燥した場所での着用や長時間着用すると、角膜を保護するための水分がかなり失われてしまうため、コンタクトが角膜に張り付いてしまう事もあります。


子供に多い充血

子供の目の充血で最も多いのは、プール熱と呼ばれるタイプの結膜炎や麦粒腫(ものもらい)、ゲームやテレビ、パソコンなどの長時間使用による疲れ目です。結膜炎や麦流腫の場合には、白目部分が赤くなるのが特徴です。また、原因がウイルスや異物によるものなので抗生物質の点眼治療が効果的です。しかし、かゆみや痛みを感じると目を強く擦ってしまい、症状が悪化しやすいため眼帯などで保護しておくのが良いでしょう。


緑内障による充血

緑内障による目の症状には黒目の周りに表れる特徴的なものです。緑内障をはっしょうしている人でも、常に充血しているわけではなく、急性発作が起きた時に赤くなる場合が多いため、発作のサインとしても見ることができます。


結膜の血管からの出血

目の周りを覆っている結膜の下に通っている血管が破れて出血すると他のタイプの充血より派手に赤くなります。眼から血が出ているように見える事もありますが、実際には透明な結膜の下で起こる出血のため、ない出血といえます。そのため、時間がたつと黄色く変色する事もあります。また、血圧の上昇や他の病気によって出血する事もあります。