プラス目の病気

眼精疲労

眼精疲労

目が重く頭が痛い…そんな症状が続くと、なんだかボーっとして身体全体がだるくなってしまいます。眼精疲労は、眼だけではなく身体全体に影響を及ぼし、反対に体から影響を受けて症状が出る事もあります。眼を閉じてもだるさが消えない、一晩ぐっすり寝てもすっきりしない、そんな症状がでてきたら原因を突き止めて、できるだけ早く改善するようにしてくださいね。


眼精疲労とは

目が重くあけているのが辛い、目の奥から頭がずきずきと痛む、など目が疲れたと感じることはありますよね。この時、少し休ませても症状が回復せず何日も続くことがあるような場合、ただの疲れ目ではなく眼精疲労だと考えられます。症状がなかなか回復しない眼精疲労には、目を酷使したため疲れが溜まってしまったものの他に、身体の他の部分が原因で起こるもの、精神的ストレスによるもの、周辺環境によって目に負担がかかっているものなどがあります。

原因

目に原因があるもの

視力が落ちたり、近視・遠視・乱視などの屈折異常があったり、老眼などによる視力の変化がある場合、それを正しく矯正できるめがねやコンタクトレンズを使用していないと、眼に大きな負担がかかり眼精疲労を引き起こします。


コンタクト・ドライアイ

コンタクトレンズの長時間使用や誤った方法で使用していないと、眼に必要な酸素や水分が供給されません。また、眼の水分が蒸発しやすいOA機器を扱う職場やテレビ・パソコンの長時間利用などはまばたきの回数を減らし、ドライアイの原因となります。水分が足りなくなった状態の眼は疲れやすく、涙をきちんと供給できるようにならない限り眼精疲労の少女湯は改善されません。


糖尿病・虫歯など

身体の他の部分に疾患も眼精疲労を引き起こす原因になっています。例えば、糖尿病や高血圧、肝臓・腎臓機能の異常などがよく知られています。その他にも、虫歯や耳鼻科系の疾患、花粉症、自律神経失調症、偏頭痛などの身近な疾患も原因になることがあります。


ストレスによるもの

余り知られていませんが、精神的な負担が大きくなることでも眼に症状が表れます。ストレスが原因の場合、人によってその程度が違ってきますので一概には言えませんが、強いプレッシャーがかかるような状況に長期間置かれていると眼精疲労につながることが多いようです。


症状の確認

セルフチェック

当てはまるものが多いほど、眼精疲労もしくは他の疾患にかかっている可能性が高いといえます。

  • 目の疲れが取れにくい
  • 物がぼやけたり字がかすんで見える
  • 急に涙が出る
  • 目が乾いた感じがする
  • 充血している
  • 肩こり、首のハリ、頭痛、吐き気を感じる
  • 眼の奥が重くしょぼしょぼする、痛みがある

予防・改善方法

眼科へ行く

眼精疲労の中には、ただの疲れ眼が酷くなっただけではないものもあります。他の疾患からのサインである場合もあるため、たかが眼精疲労と甘く見ず、眼科で検査を受けるようにしま賞。また、眼科では、症状に合わせて点眼や内服薬の処方をしてくれます。初期の段階では市販の目薬でも初期の段階では効果があるものもありますが、目薬で症状が改善されても根本的な治療には至らないケースも多いので注意しましょう。

生活改善

乾燥しやすく涙が出にくい職場で働いている人や、コンタクトレンズを使用している人の場合や、コンタクトを利用している人は眼精疲労になりやすい傾向があります。室内に加湿器を置いて乾燥を防いだり、蒸しタオルを眼に当てて血行の改善を図るものおすすめです。また、パソコンなどを扱う人の場合には、特に室内の照明によっても眼精疲労になりやすいものがあるため、眼に優しい光のものを選ぶようにするのもおすすめです。

ツボ・マッサージ

自分でできる簡単な改善方法としては、「晴明(せいめい)」のツボを押すもの効果的です。目頭の先端でちょうど鼻の付け根に当たる部分を、眼をつぶった状態でゆっくり回すように押しながら息を吐きます。息を吸いきったら指を離して息を吐ききるという、このマッサージを一日5回程度、疲れたと感じる時に行うのがポイントです。