プラス目の病気

その他の眼病

糖尿病網膜症,黄斑症,眼瞼下垂症

目の疾患には、緑内障や白内障、結膜炎などよく知られているものの他にも沢山あります。中には自然に治るものや生活に支障が無いものもありますが、自然に進行していくものや、放っておくと悪化してしまうものが多いんです。また、目だけではなく身体に関係する疾患も数多くあります。いざという時にきちんと対応できるように身近に潜む目の病気について、予防方法や治療方法についてもできるだけしっかり知っておきたいですよね。


糖尿病網膜症

原因

糖尿病になることで発症する合併症の一つで、網膜の血管に傷ができてしまい視覚に異常がでるためにおこります。糖尿病が進むと血液中の血糖値は高くなり、血管の壁に傷ができたり、そこから血管の壁に瘤ができたり、傷から水分が漏れ出したり、さらには傷ついて詰まってしまった血管の変わりに新しい血液の通り道ができてしまうという状態になります。これが網膜の血管で起こることで視力に影響のある症状が出ることになります。

症状

様尿病網膜症には、3つの進行段階があります。初めは、血管内に瘤ができる状態で血液が通りにくくなるため、詰まって血管が破れてしまう「単純網膜症」です。この段階をでは自覚症状はほとんど無く、蛍光眼底造影検査などをすれば見つける事も可能です。次に進むと、詰まってもろくなった血管から血液中の水分が網膜に滲み出し、網膜自体がむくんだ状態「増殖前網膜症」になります。この段階になると視力が急激に低下したり物がかすんで見えるという症状が出る事もありますが、詰まった血管から黄斑部に関係のない場所だと自覚症状が全く出ない場合もあります。さらに進行すると、詰まって通れなくなった血管の変わりに新しい通り道が作られてしまいますが、新しい血管は大変もろくて敗れやすいため、硝子体の中で出血する場合もあります。すると、血液の影が視界に広がり、一部分だけ見えなくなるといった症状が現れます。

治療・予防方法

初期段階であれば、血糖値が増えすぎないようにコントロールするための薬剤治療が行われます。しかし、効果が余り見られなかった場合や、増殖前網膜症になった場合には網膜剥離と同じような手術方法で敗れてしまった部分を冷凍やレーザー器具を使ってくっつけるという方法があります。また、現在発症していない人でも糖尿病になっている人、メタボリックシンドロームと判断されている人は、知らない間に進行している可能性があります。眼科で検診を受ける際に、糖尿病であることを伝えておくことで早期発見・予防に繋がります。

黄斑症

原因

網膜の中にあり光を調節したり物の大きさを判断する働きのあるやや黄色い色をした部分が老化などの原因によって変異してしまう疾患です。特に50代以上の男性に発症しやすい傾向があり、紫外線、食事や嗜好品の摂取量、高血圧、遺伝など様々な要因が影響して発病します。

症状

黄斑部分に変異が起きると、視界の真ん中だけ黒く霞がかかったように見えなくなったり、物がゆがんだり二重に見える事もあります。また、視力が急激に下がってくるなど、見え方に大きな変化が現れるため、自覚症状に気がつきやすいのが特徴です。しかし、症状が進むと広範囲で見えない部分が出てきたり、失明する可能性もあります。

治療・予防方法

黄斑症には、萎縮型(いしゅくがた)と滲出型(しんしゅつがた)がありますが、萎縮方の場合には、進行が遅く視力に影響を与える事も少ないため早急に治療を始める必要はありません。しかし、滲出型の場合、症状の進行具合によって光化学療法(PDT)やレーザー治療、審血管抜去手術、黄斑移動術、薬剤治療等など状態にあわせて治療が進められます。

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)

原因

眼を開く時に瞼を持ち上げている筋肉が、加齢や外からの衝撃、体質などによって弱くなることが原因です。筋肉が弱い状態になると、瞼で視界が狭くなるため、眉や額、頭の筋肉を使ってまぶたを持ち上げるクセがついてしまいます。また、アトピー性皮膚炎などで眼を擦るクセがある人やコンタクトを長期間使用している人もまぶたの筋力が弱くなる可能性が高いといわれています。

症状

一般的な症状としては、まぶたが下がってくるというものですが、加齢による眼瞼下垂の場合除所に下に下がってくるため、よっぽど視界が狭くならないと自分では気がつかない場合もあります。また、もともとまぶたの筋力が弱い人の場合には、視界が狭いと感じることなく、無意識に見えにくい部分を見ようとするため額・こめかみ・頭などの皮膚や筋肉を使って眼を開けている場合もあります。また、狭い視界で無理に見ているため視力が落ちることもありますが、早い段階で治療すると視力回復に藻繋がります。しかし、このような状態が続くと、他の部分の筋肉が緊張している状態が続き、頭痛などを引き起こす事もあります。

治療・予防方法

視界が極端に狭くなっていたり、頭痛などの症状が酷い場合には、弱くなっている筋肉の働きを補うために、まぶたを切開して縫いとめる手術を行います。また、症状が余り酷くない場合には、切開せずに、伸びてしまった皮膚や筋肉を短く折りたたんで縫いとめるという、簡易的な治療方法で改善するかどうか様子を見る場合もあります。しかし、他の病気が原因になっている場合もあります。ものが見えづらくなったかな? と思ったら、眼瞼下垂症のセルフチェックをしたり、眼科へ行って相談することがポイントです。