プラス目の病気

網膜剥離

網膜剥離

ボクサーがなるということで有名な目の疾患ですが、疾患や老化が原因で普通の人にでも起こるものです。軽度の初期症状が出た段階で治療を行えば治る病気です。しかし、一度なったことのなる人は手術で治療しても、術後に再発する可能性が高くなります。そのため、定期的に検査をうけるなどの注意が必要です。


症状

網膜剥離で一番初めに現れるのは、何もない空間に黒いゴミや蚊のような浮遊物が漂って見える「蚊飛症」です。蚊飛症には生理的に起こるものが多く、ほとんどの場合視力に問題はありません。しかし、”網膜剥離”による蚊飛症の症状の場合、浮遊物の数が多くなったり大きくなったりするのが特徴です。硝子体の影が見える場合には黒ではなく半透明の浮遊物が見える場合もあります。また、目をつぶっていたりくらい場所にいても光のようにちかちかと光っているものが見えてしまう「光視症」が見えた場合には、さらに網膜剥離の可能性が高いと考えられます。症状が進むと、見えている範囲の一部分が欠けてしまったり、急激に視力が低下するなどといった症状が現れます。

種類と原因

裂孔原性網膜剥離

眼球の裏にあり、硝子体を包み込んでいる網膜の一部分に穴が開いたり、小さな裂け目ができる状態を「網膜裂孔」といいます。この状態ではまだ網膜は剥がれていないため、蚊飛症の症状が現れていないこともあります。しかし、その穴から水分かした硝子体が入り込んでしまい、網膜が剥がれてくる状態になると、”裂孔性原性網膜剥離”となります。この疾患は、女性に比べて男性の方が2倍近く発症する確立が高く、中でも20代・50代にかかりやすいといわれています。

後部硝子体剥離

眼球を更正している硝子体は、軟骨などと同じコラーゲンを多く含んでいます。そのため、加齢とともにコラーゲンが減少すると硝子体も水分が多い状態になっていきます。水分が多くなってしまった部分はコラーゲンが残る部分から分離してしまうため、網膜とぴったり密着した状態に合った硝子体は萎縮して、硝子体の裏側の膜から剥がれてしまいます。その時に網膜が引っ張られることになるため、負担がかかり薄くなって避けてしまったり穴が開いてしまったりします。この部分から水分化した硝子体が網膜の裏側に入り込み、剥がれる現象が起こります。

衝撃による網膜剥離

ボクサーのように目の周りに大きな衝撃を受けると、その衝撃で網膜が裂けてしまいます。この裂け目からだんだんと剥がれてくるタイプの疾患ですが、眼球が破裂するほどの衝撃ではなく、さらに網膜が裂けてから剥がれるまでにもある程度時間がかかることが多い事から、なかなか発症したことに気がつかない場合もあります。こういった衝撃による発症は、テニスやサッカーなど色々なスポーツでも起こることがあります。

治療方法

レーザー手術・冷凍治療

網膜が剥がれていない、穴や裂け目ができた状態の症状であれば角膜部分からレーザーを網膜に照射して裂けた部分をふさぐという治療方法が取られます。これは、裂け目や穴ができた初期の段階で、剥がれているン部分がほとんどない段階で行われる治療です。この段階でできる治療には、レーザー治療の他に、冷凍装置を裂孔部分の強膜の外側からあてる治療法もあります。冷凍治療では、裂孔部分に低温の炎症を起こしてさけた網膜と色素上皮をくっつけて治します。冷凍治療の場合には、網膜が剥がれていても症状の進行度合いによっては効果のある手術方法になります。

バックリング

眼球の外側から、シリコン性のスポンジを剥がれた網膜部分にあてがうようにして圧迫します。圧迫することで網膜と色素上皮をくっつけることができるのですが、剥離の程度や範囲によっては、眼球全体にスポンジのリングをぐるっと巻き付ける場合もあります。