プラス目の病気

飛蚊症

飛蚊症

何もないはずなのに、黒いフワフワとしたゴミのようなものが漂って見える…何かの病気だろうか、と心配になったことはありませんか? このようなゴミやホコリのほう菜物が見えたとしても多くの場合、見えるときと見えない時があったり、浮遊物の数が1〜2個と少なければ、特に視力に問題があるということはないものです。しかし、安心してしまってはいけません。中には重大な疾患のサインである場合もあるんです。浮遊物の見え方に変化がないか、自分の状態をチェックしておくことが大切ですよ。


飛蚊症の症状と考えられる疾患

“蚊飛症”の一般的な症状としては、名前の通り蚊が飛んでいるような黒い浮遊物が見えるものです。この黒い小さな浮遊物は、ちらちらと沢山見える事もありますし、1〜2個と少ない場合もあります。また、黒だけでなく半透明の釣り糸や綿ぼこりのようなものが見える事もありますが、これも蚊飛症の一つです。見え方としては、浮遊物を目で追っていくと浮遊物も動いてしまい、目の位置を元に戻すと浮遊物も一緒に元の位置に戻ってくるというのが特徴です。また、視力に問題の無い「生理的蚊飛症」以外が原因になっている場合には、暗い場所や目を閉じた状態でも、水面に光が当たるようにちかちかとした光が見える「光視症」の症状が現れる事もあります。

生理的蚊飛症

原因

視力には特に問題のない蚊飛症で発祥する人のほとんどが、この”生理的蚊飛症”だといえます。白い壁や天井を見ている時に見えることが多く、暗いところを見ている時は気になりません。まつげの影が見えていて蚊飛症と勘違いする人も多いようですが、”生理的蚊飛症”の主な原因は、老化によってできた目の奥のシワが作る影と考えられています。午前中などに見えることが多いのですが、午後になると見えなくなる、など時間によって見えなくなる場合もあります。この場合、自然な生理現象が原因となりますので、特に治療の必要はありません。


後部硝子体剥離

原因

生理的なタイプと同じように、老化が原因で起こる疾患ですが、視力に影響が出る可能性の高いものです。加齢によって萎縮してしまった硝子体が眼球の後部にある網膜から剥がれてしまうことで起こる疾患で、剥がれた部分から穴や裂け目が生まれると、網膜剥離へと進行してしまいます。


治療方法

初期段階の後部硝子体剥離の治療には、レーザー手術や冷凍治療が行われます。硝子体の圧縮が進んでいてレーザーなどでは効果が出ない場合には、シリコンを使って眼球を圧迫して治療を行う場合もあります。


網膜はく離

原因

老化や他の疾患が原因で硝子体が萎縮したり、外からの衝撃によって網膜に裂け目や裂孔ができることが原因で網膜が剥がれてしまう疾患です。網膜剥離は症状が進んでしまうと 視界がうえのほうから狭くなったり、全体的に黒く見えにくくなり、失明してしまう場合もあります。剥がれた網膜の影が蚊飛症として現れるため、網膜剥離の初期症状として現れます。浮遊物が急に増えたり、見え視野が狭くなったり、見えにくいなどと感じたら眼科へ受診するようにしましょう。


治療方法

剥離してしまった網膜を色素上皮につける治療方法には、大きく分けて2通りの方法があります。一つは、シリコンを使い眼球を圧迫する強膜バックリング手術で、2mm程度のシリコンを強膜の外側から押し付ける方法です。もう一つは、同じように強膜の外側から剥離部分を急激に冷やすことで軽度の炎症を起こし、色素上皮とくっつける方法です。

網膜剥離


ぶどう膜炎

原因

ぶどう膜に炎症を起こす疾患で、その症状の一つとして蚊飛症が現れることで知られています。しかし、ぶどう膜炎を引き起こす直接の原因についてははっきりしていない場合がほとんどです。遺伝や、他の疾患の影響を受ける事もあるようですが、特定疾患を発症している場合にぶどう膜炎なることも多いのが特徴です。そのため、蚊飛症の症状が現れた場合には、特定疾患のサインの可能性が高いとも考えられます。

ぶどう膜炎