プラス目の病気

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎

ぶどう膜が眼のどこにあるのかよくわからない人も多いかもしれませんが、物を見るために光の量を調節したり、眼を健康に保つために栄養分を行き渡らせる働きをしている重要な器官です。他の病気の症状として、ここに炎症が起きることが多いため、ブドウ膜炎になった場合には早急に病院へ行くことが大切です。


“ぶどう膜炎”とは

眼球の硝子体を包み込んでいる脈絡膜・毛様体・虹彩の3つを合わせた呼び方で、一つの部位ではありません。この3つの部分には、角膜を通してはいてくる光の量を調節する役割りや眼に関わる色々な部分に必要な栄養を運ぶ役割りがあります。そのため、ぶどう膜に炎症が起きると、光に対して眼痛を感じたり酷くなると白内障・緑内障・網膜はく離などを併発する場合もあります。

原因

“ぶどう膜炎”を起こす原因として最も多いのは、特定疾患によるものです。特定疾患による炎症は、はっきりとした原因がわかっていないため、完治させるのが難しく、治ったと思っても何度も再発したり段々と進行して失明してしまう恐れもあります。また、細かいキズなどの外傷や免疫疾患、糖尿病、進入した細菌などが原因になる事もあります。


症状

脈絡膜・毛様体・虹彩のどこかに炎症が起こると、光の調節が上手くできなくなり、霧がかかったようにかすんで見えにくくなります。明るいところで光に対して痛みを感じたり、頭痛を伴うこともあります。また、栄養が十分に行き届かなかったり、反対に過剰になってしまう事もあり涙がでたり充血したりといった症状も現れます。さらに進行すると、何も無いところで蚊が飛んでいるように見える飛蚊症(ひぶんしょう)や見えているものがゆがんで見えるといった状態になり、さらには失明に至る可能性もあります。


原因と関係のある疾患

ベーチェット病

難治性の口内炎や皮膚に現れる斑点・炎症、外陰部の潰瘍などの症状と共に、ぶどう膜炎を起こす、特定疾患の一つです。原因は不明ですが、症状がすべて出ていない不完全型と当てはまる症状のすべてが現れる完全型があります。この症状の中でも、眼科に現れる代表的なものがぶどう膜炎のため、脈絡膜・毛様体・虹彩に炎症が見られた場合には、ベーチェット病の検査も行われることがあります。

原田病

日本人を含むアジア人種に多く見られる特定疾患です。自分自身の体内にあるメラノサイト組織を異物と判断して攻撃してしまう自己免疫疾患です。皮膚や耳鼻科系にも少女湯が現れますが、ブドウ膜炎を発症するのも大きな特徴です。原田病でぶどう膜炎を発症した場合には、両目同時に発症し進行していくことが多くあります。

サルコイドーシス

日本国内でも10万人に1〜3人という発症例の少ない病気ですが、原因が特定されていない特定疾患の一つです。全身のあらゆるところに大小さまざまな肉芽腫ができる病気で、中でもリンパ系と眼科系に症状が現れる割合が非常に高いようです。眼に現れる症状としてはぶどう膜炎がほとんどで、物がゆがんで見えたり飛蚊症のように浮遊物が見えたり、視力が極端に悪くなる事もあります。

治療方法

原因がはっきりと特定されていないことが多いため、発症した人の状態や体調に合わせて薬治療、手術などが行われます。主に使用されるのはステロイド系の点眼薬や内服薬、点滴などが使われますが、副作用が起こるため精神的にもフォローが必要となってきます。また、抗菌剤や免疫抑制剤などが使われる事もありますが、人によって効果が出るかどうか、他の部分に影響が無いかどうか確認しながら治療を進めていくことになります。