プラス目の病気

結膜炎

結膜炎

子供の頃、手を洗わないで目を擦ったり、プールの後で目をきちんと洗わなかったりすると眼が赤く、痒くなってしまった経験のある人も多いと思います。しかし、細菌では花粉症の人口が増えていると同時に、アレルギー性結膜炎を発症する人も増えています。この二つの結膜炎は、実は全く違うタイプのもなので、それぞれにあった正しい治療方法や対処の仕方が必要です。


結膜炎とは

まぶたの裏側にある目瞼結膜と、白目の表面を薄く包み込んでいる眼球結膜に起こる炎症です。結膜はそちらも眼球内部に異物などが入り込まないように防ぐ役割りがあります。そのため、異物が付着すると排除しようという機能が働き炎症を起こします。この結膜の炎症には、人への感染力が強いタイプと人にはうつらないアレルギー性のタイプがあります。さらに、人にうつるタイプには、原因によって様々な特徴を持った結膜炎があり、それぞれにあった予防や対処方法が必要になります。

アレルギー性結膜炎

症状

目のかゆみや瞼がはれぼったくなるなどといった症状が現れます。症状が進んだりかゆみのために目を擦ってしまうと、ごろごろと目の中に異物感を感じたり酷い充血や腫れ、かすみ目などの症状が表れる場合もあります。また、”アレルギー性結膜炎”の場合には、眼だけではなく鼻や気管支にも症状がでることが多くあります。


原因

花粉やハウスダスト、動物の毛などが、アレルギー症状を引き起こす原因物質「アレルゲン」として反応してしまうと、結膜はこの原因物質を身体に有害な異物ととらえて炎症を引き起こします。そのため、アレルゲンが存在する場所・季節では、炎症が自然に治まることはありません。


治療方法

アレルギー症状を麻得るための抗アレルギー点眼薬による治療が一般的ですが、症状によってはステロイドの点眼や内服薬を併用する場合もあります。また、一年中反応する物質が存在する場合には、年間を通して炎症が起きてしまうため、年間を通して副作用の出ない薬による治療が必要となります。


流行性結膜炎

症状

炎症が起こると、白目部分がひどく充血して涙と目やにが大量に出てきます。目の中にゴミが入ったまま取れないようなゴロゴロとした異物感があり、症状が酷くなると耳や咽頭のリンパ節が晴れ上がる事もあります。感染力が非常に強いため、片目だけで炎症が起きていてももう片方の目にうつってしまうため、両目に症状が出ることが多くあります。


原因

アデノウイルス8型、19型、37型が結膜より奥へ進入しようとすることで起こります。流行り目とも呼ばれるタイプの疾患で、結膜炎の中でも特に人へうつる力の強いものです。しかし、角膜で原因物質が異物と判断されてから、7日〜15日程度の潜伏期間があるため、感染経路が不明になってしまう事もあります。


治療方法

炎症やかゆみなどの症状を和らげるための点眼薬と、抗生物質による治療が行われます。目薬の抗生物質が効き始めると、数日から数十日で腫れなどの症状と炎症は治まってきます。しかし、炎症が起きていない潜伏期間や治り始めの段階でも感染力が強いため、学校や会社など人が多く集まる場所へ行くことは避けるようにしましょう。


プール熱

症状

流行性結膜炎より潜伏期間は短いのですが、現れる症状はほとんど同じといえます。特に子供が移されてくることが多いのですが、年齢の幼い子供が発症すると眼瞼結膜の上にもう一枚薄い膜ができてし舞うことがあるため、眼が見えにくくなる、ぼやけるといった症状が見られる場合もあります。また、症状が進むと咽頭炎を引き起こしたり、ある程度高い熱の症状が出る事もあります。


原因

流行性結膜炎とは違った型の3型・4型・7型が原因となって起こる疾患で、正式には咽頭結膜熱といいます。プール熱という別名が一般的に広まったのは、学校等のプールでうつされることが多いためですが、公衆浴場や家庭内でも移る可能性が高いものです。


治療方法

原因物質の種類は違いますがウイルスによる炎症のため、治療には抗生物質が有効的です。抗生物質の入った目薬を処方されますが、発熱を伴う場合には解熱剤などによる症状の改善治療も平行して行われることがあります。